So-net無料ブログ作成

ラベンダーの咲く庭で☆☆☆☆☆ [映画]

マノンの幕間に友人のマダームから電話があり「見に行かない?」と言うことなので行ってきました.
同じ日に,歌舞伎を見終わってマノンのソワレを見ると言うcypressの奥さまと上野で合流し,しばらく歓談.その後文化村のDu magotでマダームと待ち合わせ.
「1時間で食い終わりたい」と無理なお願いをして,子牛パテと鴨のローストでデナー,ル・シネマで見てきました.
往年の「八月の鯨」を思わせる小品です.
英国で「海岸に漂着した記憶喪失のピアニスト」騒ぎがありましたが,この映画のプロモーションではないかと勘ぐられました.
で,婆さん二人がひっそり暮らすコーンウォールの港町に「漂着した」青年アンドレア.ポーランド人で英語はできない.婆さん達は世話を焼く内,ジュディ・デンチ扮するアーシュラは年甲斐もなく青年に好意を抱く.アンドレアにバイオリンの才能があると分かると,村に絵を描きに来ていたオルガという女性がアンドレアに近づく.
オルガの兄は著名なバイオリニスト,婆さん達にも知らせずに兄のいるロンドンにアンドレアを拐かす.しばらくしてロンドンから手紙が来る.
「11月にラジオで公開放送があります,聴いて下さい」
婆さん達はロンドンのコンサート会場まで行き,終演後のパーテーで再会する.
積もる話もあるのにアンドレアはサー・トーマス(ビーチャムなのよこれが)に呼ばれ席を外す,その間に婆さん二人は姿を消す.

あたくしもちょっと身に覚えがありまして.ひょんな事から知り合った男の子と交流してたのだけど,ある日突然目の前から消えて.だから婆さん達の落胆振りはよーく分かるの.「あの二人絶対長生きしないな」と思ってしまいました.
ハリウッドでは絶対に作られないような可愛い作品です,
ジュディ・デンチ,マギー・スミス二人のDameの演技が素晴らしい作品です.
二人の婆さんはともかく,コーンウォールなので英語も思いっきりrhoticな発音です.


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 3

電車女

おねーたま
ヴィシの初『白鳥』はベルリンで、マラ様とだす
新国は初で無いだすよー
残念だすにー
by 電車女 (2005-07-18 04:24) 

pesca

なんか切ないお話ですね。
八月の鯨も見てみたいのだけど、
この映画もいいですわね。
お姉さま、DEEP BLUEもいいですわよ。
by pesca (2005-07-18 18:44) 

keyaki

「八月の鯨」見ましたけど、筋はわすれちゃいました。
長い白髪をブラッシングするシーンとか、きれいな海・・・とか断片的なシーンだけ記憶にあります。
やっぱり、だまって行ってしまうのはよくないわぁ。

TB変更しました。今後ともよろしくお願いします。
by keyaki (2005-07-19 10:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。