So-net無料ブログ作成
検索選択

パティオヒーター [雑談]

あたくしが欧州のカフェ好きなのはここでも書いたのだけど,冬のカフェもまたいいものなのよね.寒くないかって?いえいえ,冬になるとカフェではパティオヒーターっての出してくれるの.

こんな赤外線ヒータータイプや右のガスストーブタイプなど.このヒーターから半径2メートル以内ならポカポカだから,暖かいワインか何か飲みながらぼーっとするのもいいものですよ.


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

お買い求めであれば

そちらの商品は、当社の製品ですわ!
全国に販売しております。
ほんと、日本にはまだまだ普及されてないですよね?
欧州、欧米では常識ですよね~。
ほんと、あったら便利な、あったかい商品です。
お買い求めの際は ↓ ↓ ↓
http://www.springtrade.jp/
by お買い求めであれば (2005-12-16 13:00) 

パティオヒーター

先月から、高知のスプリングさんから購入しましたぁ。 色は、ベルデです。
いよいよ、花見のシーズンINなので、夜桜パーティを開く予定です。
パティオヒーターって、色んなメーカーがありますよね?ネットとかで見ると。
JIAの認証を受けて無い商品ってやはり心配です.....。
以前、友人が買った安いパティオヒーターは、すぐに壊れたようです。
微風でも消えたそうです。 
by パティオヒーター (2006-03-20 14:27) 

アリア株式会社

ご担当者様へ

こんにちは。はじめまして。アリア株式会社の黒田直明と申します。

パティオヒータではありませんが、こんな新製品もあります。

イタリアの名車フェラーリの生産でも知られる、北イタリア有数の工業都市モデナ生まれの、全く新しいタイプの屋外用ガス照明器具、ファロです。

ファロと言う名前は、イタリア語で篝火(かがり火)という意味を持っていますが、我々日本人が篝火(かがり火)という言葉を聞くと、野外での薪能や戦国時代の武家屋敷の庭に燃えさかる「篝火」をすぐ思い浮かべてしまうかもしれません。

しかし、このシャープでハイセンスなデザインが印象的な、屋外専用ガス照明器具ファロは、すでに世界中のガーデンレストランや高級リゾートホテルなどで数多く使用されており、
エレガントで上品な夜の庭園の雰囲気作りに大きな効果を発揮しています。


このファロが新しいところは、「炎のゆらぎ」を取り入れた屋外用ガス照明器具であるという点です。


皆さんはこれまでに、焚き火の炎を、時間を忘れて飽きることもなく、ぼんやりと眺めていた経験はないでしょうか?

我々は、燃える火を前にすると、なぜかただじっとそれに見入ってしまいます。

炎の中に何かストーリーがある訳でもないのに、何故見ていて飽きないのでしょうか?

これは、50万年もの太古の昔からずっと火を使い、外敵から身を守るために焚き火の前に集い、料理をし、食事をし、酒を飲み、語らってきた、人間の本能に結びつくものがあると考えられています。

実は、この炎が人を惹きつける理由の一つは、「ゆらぎ」というものなのです。 自然界では、人間を始め全てが、「1/f のゆらぎの法則」に従っているといわれています。


炎を始めとして波、風などの自然現象は一定の強さで動くのではなく、強くなったり弱くなったりしますが、人間の心拍の間隔、呼吸も一定ではなく、この「1/f のゆらぎ」に従っているといわれています。

そのため、この「1/f のゆらぎ」をもっているものには、我々は心を癒されるのです。

このイタリア仕込みの斬新なフォルムに、古代からの安らぎを包み込んだ新製品ファロを是非お試しください。

ご希望の方には、詳細なプレゼンテーションファイルをお送りいたしますので、下記までメールにて遠慮なくお申し付けください。

最後まで興味をもってご精読いただき、誠にありがとうございます。ご連絡をお待ちしております。


ファロ総輸入販売元 アリア株式会社(Aria Co., Ltd.)

お問合せ先 : yuragi@arialighting.co.jp 担当:黒田まで

ホームページ : http://www.arialighting.co.jp











by アリア株式会社 (2011-02-05 18:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。